姫川温泉 瘡の湯(くさのゆ) (長野県小谷村)

姫川温泉瘡の湯(くさのゆ)は長野県小谷村にある日帰り温泉です。
姫川温泉は長野・新潟の両県にまたがり3軒の旅館と、この瘡の湯があります。
駅から一番近くにある温泉で、かつてはホテルすいが(水雅荘)という旅館があった場所に2014年にオープンしました。
入ると店主のおばちゃんが出迎えてくれるので、受付をして浴室へ向かいます。

浴室は内湯のみで、5人サイズの湯船があります。
壁がコンクリ打ちっぱなしで今風な感じもあります。
お湯はほぼ透明で薄黄色っぽく、赤茶色の湯花が少々舞っています。
源泉かけ流しで使用されていて、そのままでは温度が結構熱いです。
おばちゃんに水で薄めて好きな温度で入るように言われましたが、私が入った時は直前のお客さんが薄めてくれたようで、適温でした。
かけ湯の浴槽に飲泉用のコップが置かれているので飲んでみると、やや鉄さびっぽい香りと、ほんのりと甘みがあるような感じがありました。
カランも源泉が使用されていて、湯量は豊富なようです。

源泉は松本砂防 瘡の湯代替という、ちょっと仰々しい名前がつけられていて、周囲の姫川温泉とは全く違うものになっています。
糸魚川市の方で湧出していて、そこから引湯しているようです。

湯上がりには休憩の広間があります。
おばちゃんから温泉で茹でたゆで卵とお茶を頂きました。
とても気さくなおばちゃんで、人の家に来たような雰囲気があります。

アクセスは平岩駅から徒歩5分です。

最寄駅 大糸線 平岩駅 (徒歩5分)
住所 長野県北安曇郡小谷村北小谷9922−2
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
営業 9:30-18:00
料金 600円

大糸線 平岩駅
平岩駅にて、大糸線です。

平岩駅
最寄りの平岩駅です。

姫川温泉 瘡の湯
駅のすぐ近くに看板があります。

姫川温泉 瘡の湯
瘡の湯です。
古ぼけた建物が並ぶ姫川温泉では、かなり新しい建物です。

姫川温泉 瘡の湯
入口です。
青いパトライトが点いてるので何かと思いましたが、これが点灯してると開店してる合図になってます。
右の古めかしい温泉分析はかつての水雅荘時代のものです。

姫川温泉 瘡の湯
入っていくと広間があります。
フロント的なものは無く、ちょっと普通の日帰り温泉とは違うワクワク感があります。

姫川温泉 瘡の湯
奥へ向かうとすぐに脱衣所入口です。

姫川温泉 瘡の湯
浴室です。
変に飾りもなく、シンプルな浴槽です。
温泉を楽しむにはベストです。
窓の外は姫川の流れと大糸線です。

姫川温泉 瘡の湯
湯口付近には、湯加減を自由に調整するように記されています。


平岩駅
最寄りの平岩駅は寂れた感じですが、かつては賑わっていたようで、観光名所が書かれた看板がありました。
まぁほとんど消えちゃてますけど。
温泉が4つありますが、白馬温泉と蒲原温泉は潰れていて、蓮華温泉は路線バスで1時間かかります。

白馬大仏
大糸線から白い大仏(白馬大仏)が目立って見えるのですが、ここに白馬観光ホテルという白馬温泉の旅館があったそうです。

(2015/10)