寿和温泉 ドリームタウン (新潟県魚沼市)

最寄駅 只見線 入広瀬駅 (徒歩7分)
住所 新潟県魚沼市穴沢20
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉
営業 平日12:00-21:00 土日祝10:00-21:00 (木休)
料金 1000円(全館) 700円(内風呂のみ) 600円(露天のみ)
Web http://www.iine-uonuma.jp/stay/higaeri_onsen/spa_suwa.html

寿和温泉ドリームタウンは魚沼市(旧入広瀬村)の公営の日帰り温泉です。
温泉だけではなく室内プールもあり、結構巨大な施設です。
2棟に分かれていますが、まず本館入口の券売機でチケットを買い、受付に渡して入館します。
入口のすぐ先に脱衣所があり、内湯は階段を上がって2階になります。

内湯は窓側に10数人サイズの大浴槽があります。
ところどころバブルが出てたり出てなかったりの微妙な感じの浴槽です。
温泉は循環で使用されていて、お湯はほぼ透明ですがちょっと茶色がかってるかなという程度で、香りや味も特に特徴は感じませんでした。
内湯は他に寝湯と打たせ湯、サウナがありました。
浴室真ん中に花壇があったり、風呂と洗い場で段差があったり、壁に囲まれた空間に休憩用のベンチが並んでたりと、レイアウトがやや特殊なのが印象に残りました。

続いて露天風呂は隣の棟に移ります。
入館してきた入口からサンダルで外に出て、斜め前の露天風呂棟に移動します。
そちらの建物は無人で、浴室と大広間があります。
露天風呂は岩造りで結構立派なものです。
手前に2人サイズの小浴槽、そして奥は10数人サイズの大浴槽です。
奥の岩の上から滝のように温泉がジャバジャバと出ていて雰囲気が良いです。
こちらのお湯は茶色の湯花が多数浮遊していて、内湯よりは良いのかなと思いましたが、目立った特徴はその程度でした。
周囲は山と川に囲まれた立地なのですが、露天風呂は壁に遮られていて、風景があまり臨めないのが残念です。

湯上がりは本館2階と露天棟の大広間と、本館入口の椅子のスペースがあり、本館1階では軽食も食べれます。

この施設最大の欠点は価格です。
内湯と露天風呂両方を利用する場合、1000円もかかります。
田舎にしては強気な価格設定ですし、特段リゾート感もなく、価格に見合っていない施設です。
理由はプールも利用できるからなのですが、なぜ温泉だけのコースが無いのかは謎です。
純粋に温泉だけを利用したい場合は、内湯は捨てて露天風呂のみ(600円)にするのをオススメします。
露天にもカランはあり(シャンプー類完備)、風呂は立派で泉質も内湯より良いです。

アクセスは只見線の入広瀬駅から徒歩5分です。
バスでは上越線の小出駅から南越後観光バス「穴沢・大白川」行で40分、「入広瀬駅角」下車、徒歩8分です(運賃490円)。
小出駅バス時刻表


只見線
入広瀬駅にて、只見線です。
上下とも1日4本しか列車が来ません。

入広瀬駅
入広瀬駅です。
巨大ですが、無人駅です。

寿和温泉
しばらく歩くと寿和温泉の文字が現れます。
さんさい共和国ってのは何なのかわかりませんが

寿和温泉
橋の向こうに建物が見えてきます。

寿和温泉
最初に露天風呂の入り口がありますが、本館の入口はこの右です。

寿和温泉
駅と逆側から見た全景です。
左の巨大なのがプールで、その奥が本館です。
道路を隔てて右にあるのが露天風呂です。

寿和温泉
入口です。

寿和温泉
フロント付近です。
左に軽食が食べれるスペース、奥に脱衣所があります。

寿和温泉
2階の大広間です。

寿和温泉
2階にはリラクゼーションスペースもあります。

寿和温泉
3階はプールの見学スペースになってます。

寿和温泉
露天風呂です。

寿和温泉
露天風呂棟の大広間です。

(2006/07)(2014/08)
関連日記: 只見線の温泉めぐり