川渡温泉 藤島旅館 (宮城県大崎市)

川渡(かわたび)温泉 藤島旅館は宮城県大崎市の鳴子温泉郷・川渡温泉にある、温泉旅館です。
日帰り入浴も行っています。
フロントで受付をして、右の廊下をまっすぐ進み、突き当りを左折、と結構歩くと浴室があります。
途中の廊下には大広間はありませんがベンチが多数あり、売店や自販機もあります。

浴室は10数人サイズの正方形の湯船が1つの、シンプルなもので、少し広い共同浴場という雰囲気です。
浴室に入るなり、もわっと硫黄の香りが漂ってきて、とても良い雰囲気です。
湯船の端から源泉が注がれ、縁から掛け流されています。
お湯は白濁して、やや黄緑っぽく見えます。
先客が数人いましたが、みんな湯船の縁で横になって寝てる状態でした。

シャンプー類はありません。
ドライヤーは途中の廊下に有料のがあります。

藤島旅館には浴室が2つあり、こちらは大浴場です。
もう一つシャンプー類完備の中浴場があり、そちらは主に宿泊者用かと思いますが、500円で入浴できるようです。

アクセスは川渡温泉駅から徒歩19分です。

最寄駅 陸羽東線 川渡温泉駅 (徒歩19分)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡84
泉質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
営業 7:00-23:00
料金 300円(1回入浴・1時間)
Web http://www.naruko.gr.jp/ryokan-fujishima/fujishimaryokan-1.htm

川渡温泉駅
川渡温泉駅にて、陸羽東線を走る「リゾートみのり」です。

川渡温泉駅
川渡温泉駅です。
駅名が温泉になってますが、温泉までは結構距離があります。

川渡温泉 藤島旅館
橋をわたって真っすぐ進むと、L字にカーブする所に藤島旅館があります。

川渡温泉 藤島旅館
入口です。

川渡温泉 藤島旅館
館内に入ると、独特のレトロな雰囲気です。

川渡温泉 藤島旅館
右へ向かうと売店があります。

川渡温泉 藤島旅館
途中の廊下には自販機もたくさんあって、周囲にベンチもあります。

川渡温泉 藤島旅館
長い廊下を進んでいきます。

川渡温泉 藤島旅館
脱衣所です。
ロッカーはありませんが、貴重品ロッカーが廊下の途中にあります。


川渡温泉 藤島旅館
この旅館は自然庭園があります。
2代目の池の主ってのがちょっと気になるので、見に行きます。

川渡温泉 藤島旅館
矢印通りに進んでいきます。

川渡温泉 藤島旅館
庭園の端っこで何かの気配が!
主に違いない。

川渡温泉 藤島旅館
近づくと、どっしりと構えてこちらを見ていらっしゃる。
ふてぶてしい顔が、まさしく主という感じだ。

川渡温泉 藤島旅館
じゃなくて、池の主(体長110cm)はこの池の中にいらっしゃるようです。
鯉はたくさんいましたが、全く見つけられませんでした。