東鳴子温泉 旅館なんぶ屋 (宮城県大崎市)

東鳴子温泉 旅館なんぶ屋は、鳴子温泉の東にある東鳴子温泉の旅館です。
外観は日帰り温泉風ですが、浴室部だけ新館を建てたもののようです。
入口で靴を鍵付きロッカーに入れて、フロントで受付をして脱衣所に入る、という感じで日帰り温泉とそれほど変わらないスタイルなのが嬉しいです。
ただし休憩用の大広間は期間限定で利用期間が少ないようです。

浴室は内湯と露天があります。
内湯は10人ほど入れる浴槽で、端の方が寝湯になっています。
露天は5人入れる木枠の長方形の湯船があります。
お湯はやや黒ずんだ透明で、薬品臭がして、灰色の湯花が多数浮遊しています。
湯温は41度ぐらいで丁度良い湯加減でした。
その他、カランにはシャンプー類にコンディショナーもあり、脱衣所にはドライヤー、貴重品ロッカーもあり、なかなか優秀です。
湯上りの休憩は、入口ロビー脇のソファーが並ぶスペースで出来るようになっています。

アクセスは磐越東線の鳴子御殿湯駅から徒歩数分です。

最寄駅 陸羽東線 鳴子御殿湯駅 (徒歩数分)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉鷲ノ巣90−18
泉質 ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物・硝酸塩泉
営業 10:00-20:00
料金 500円
Web http://www.nanbuya.jp/


鳴子御殿湯駅にて、陸羽東線です。


鳴子御殿湯駅です。


なんぶ屋の入口看板です。


なんぶ屋です。
この辺はやや古い建物ばかりですが、ここは新しめの建物です。


入口ロビーです。


ロビーの端にちょっとした休憩スペースが一応あります。


内湯です。


露天風呂です。

(2012/12)