,

十日町温泉キナーレ明石の湯 (新潟県十日町市)


十日町温泉キナーレ 明石の湯は新潟県十日町市の道の駅「クロステン」に併設の日帰り温泉です。
正式名称は越後妻有(つまり)交流館キナーレ「明石の湯」で、温泉以外の施設も集まった施設です。
コンクリートむき出しの建物は、でかくてやや冷たい印象があります。

浴室は大きめの気泡湯と小さめの薬湯・水風呂の3つの湯船とサウナがあります。
窓の外は椅子がおいてあり庭っぽくなってますが、露天風呂はありません。
温泉は実際はメタ珪酸の成分が温泉の基準を満たしているのみの非常に薄い温泉です。
塩化物・炭酸水素塩泉というのは人工温泉の成分なので、ちょっとまやかしです。

湯上がりでは大広間があり、館内調理の食事のほか、十日町小嶋屋の蕎麦もいただくことが出来ます。

アクセスは十日町駅東口から徒歩8分です。

最寄駅 飯山線・ほくほく線 十日町駅 (徒歩8分)
住所 新潟県十日町市本町6
泉質 塩化物・炭酸水素塩泉
営業 10:00-22:00 水休
料金 500円
Web http://kinare.jp/

十日町駅にてほくほく線です。

十日町駅東口です。

キナーレの入口です。
駅から行くと裏口のほうが近いです。

明石の湯の入口です。

館内のロビーと廊下です。
コンクリ打ちっぱなしの壁です。

大広間です。

(2005/02)(2012/02)