尾瀬ぷらり館 戸倉の湯 (群馬県片品村)

尾瀬ぷらり館
尾瀬ぷらり館 戸倉の湯は群馬県片品村にある日帰り温泉です。
尾瀬ネイチャーセンターに併設される形で、日帰り温泉があります。
尾瀬散策の拠点にあり、登山客には非常に便利な施設です。
浴室は狭いながらも内湯・露天とあり、源泉掛け流しでとても泉質が良いです。

最寄駅 上越線 沼田駅 (バス80分+徒歩数分)
住所 群馬県利根郡片品村大字大字戸倉736−1
泉質 アルカリ性単純硫黄温泉
営業 10:00-18:00 第2・4火休(冬季12:00-19:00 火水休)
料金 500円
Web http://www.tepco.co.jp/oze/iku/purari/

上越線
沼田駅にて上越線です。

沼田駅
沼田駅です。

関越交通 大清水行
駅前から関越交通の大清水行のバスに乗ります。
このバスは片品村の中心部の鎌田と、尾瀬散策の中継地点の戸倉を経由して、尾瀬登山口の1つの大清水へ向かう路線です。
本数は少ないですが、上越新幹線の上毛高原からもバスが出ています。


バスは途中の鎌田で時間調整をしつつ、1時間20分ほどで鳩待峠行バス連絡所に到着します。


微妙なバス停名ですが戸倉バス停のすぐ先にあり、関越交通の案内所もあって尾瀬方面のバスの中継地点になっています。
周辺には駐車場もたくさんあって、マイカーで来た人もこちらでバスに乗り換え、鳩待峠や大清水の尾瀬登山口へ向かうようです。
基本的に登山客用のバス停という感じで、わざわざ温泉だけのために来るのは私のような物好きぐらいかもしれません。

尾瀬ぷらり館
進行方向へ進んでいくと、尾瀬ぷらり館があります。
バスターミナルのすぐ近くにあって非常に便利です。
尾瀬戸倉温泉には多数の温泉旅館がありますが、こちらは唯一の日帰り温泉です。

尾瀬ぷらり館
入口です
公営施設ですが、東京電力が運営しています。

尾瀬ぷらり館
館内に入ると正面に受付があり、右へ進むと温泉です。
左側は尾瀬ネイチャーセンターとなっていて、尾瀬に関するいろいろな展示があります。

尾瀬ぷらり館
靴を脱いで中に入ると脱衣所入口です。
非常にコンパクトな作りで、休憩するとしたらこの辺ぐらいで、食事施設はありません。
訪れた日は平日の午前中なので客もいなくてのんびりできましたが、多客時には混雑するかもしれません。

尾瀬ぷらり館
内湯です。
浴室はあまり大きくなく、内湯は5人サイズの浴槽があります。
温泉は源泉掛け流しで使用されていて、無色透明ですが、かすかに硫化水素の香りがあり、白い湯花も多少舞っていて、予想外に良い温泉です。

尾瀬ぷらり館
露天風呂は内湯とそっくりな浴槽があります。
実際は屋根が付いた建物内で、完全な露天ではありません。
内湯は適温でしたが、露天は結構ぬるめになっていました。
浴槽の目の前に広がる庭は、人工芝のような緑のタイルで覆われています。
大自然のすぐ近くで味わう、異常に人工的な風景でした。

(2019/09)