うぶかの郷(非温泉) (福島県桑折町)


※ 以前は温泉でしたが現在は温泉ではありません

うぶかの郷は福島県桑折(こおり)町にある公営の旅館&日帰り入浴施設です。
山の中にあり、周囲は緑に囲まれていい雰囲気です。
宿泊施設も兼ねた施設なので建物自体は大きめですが、日帰り温泉としての機能は小さめに感じます。
フロントで料金を払い、浴室へ向かいます。

浴室は内湯に6人ほど入れる大浴槽が1つのみのシンプルなものです。
露天とかサウナとか余分なものは付いてません。
浴室に入ると優しい硫黄のような香りを感じたので泉質に期待したのですが、実際の香りは軽い塩素臭のみです。
もしかして湯口は濃厚な香りがするのかもと思ったけど、強力な塩素臭が臭ってきてがっかり。
実際の湯使いは循環で加水もしてるので、相当薄い温泉のようでした。

湯上りは入口ロビーの休憩所で休むことができます。
時間が限られてますが食事も可能です。

アクセスは東北本線の桑折駅から徒歩22分です。

最寄駅 東北本線 桑折駅 (徒歩22分)
住所 福島県伊達郡桑折町南半田川端22
泉質 塩化物泉
営業 10:00-21:00 第2・4火休
料金 350円
Web https://www.koori-shinkokosya.jp/ubuka/

桑折駅にて、東北本線です。

桑折駅です。

温泉は駅の裏側なので、線路をくぐり、丘を登っていきます。

うぶかの郷の周囲の風景です。

うぶかの郷です。

うぶかの郷の入口です。

入口ロビーの休憩所です。
そんなに広くはありませんが畳と椅子の休憩スペースがあります。

脱衣所から見た浴室の様子。

(2013/08)