,

結東温泉 萌木の里 (新潟県津南町)

結東温泉萌木の里は新潟県津南町と長野県栄村長野県にまたがって集落が点在する「秋山郷」にある日帰り温泉です。
以前から行きたいなぁと思っていたもののちょっと遠いなと思って躊躇していたのですが、当Webへの検索ワードでも「秋山郷」というのがかなりあるので、行く決心をしました
とにかく山奥にあるという印象の場所で、バスはほとんどすれ違いが出来ないような細い国道をずんずんと上っていきます。
30分ほど山の中を走ると、山の中にしては巨大な施設が姿を現します。
メインの建物は「栃の実館」で物産館・レストランや、コテージ・釣り堀などもありました。
内湯は栃の実館の奥にあり、それほど広くはないものの山々を見渡せる大きな窓があり、快適に入浴できました。
浴室は軽いナトリウム臭があり、わずかにしょっぱい温泉です。
露天風呂は裏の方へ徒歩数分ほど歩いたところの「山彦の湯」にあります。
こちらも壮大な景色が見渡せ、とてもゆったり出来ます。
栃の実館の浴室以外の館内ではボサノバ風?の穏やかな曲がずっと流れていて、普段ボサノバなんて聞かない私でも、何故かとても癒されました。選曲センスは東新津の「花水」を彷彿とさせるものを感じました。。

アクセスは十日町駅東口から南越後観光バスの路線バス「津南」行きで40分「津南役場前」で下車し、乗り換えます。
津南からは南越後観光バスの「和山温泉(秋山郷線)」行で30分「萌木の里」下車、目の前です。
津南役場前バス停までは越後湯沢駅からの森宮野原行でも行くことが出来ます。
津南バス時刻表

最寄駅 飯山線・ほくほく線 十日町駅 (バス40分+30分)
住所 新潟県中魚沼郡津南町大字結東子984-€9
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
営業 10:00-21:00
料金 500円
Web http://www.moeginosato.com/

十日町駅ほくほく線・飯山線の十日町駅から津南に向かい、そこから秋山郷を目指します。
萌木の里バス停「萌木の里」バス停。
栃の実館メインの栃の実館です。
萌木の里周辺は釣り堀やコテージなどもあります。
栃の実館入口栃の実館入口です。
栃の実館内部栃の実館を入ってまっすぐ行くと浴室です。
左にある受付で入浴料を支払うと、内湯も露天も自由に出入りできるバッジを渡されます。
ニホンカモシカ入口左には、今にも動き出しそうなリアルなニホンカモシカがお出迎え。
栃の実館内湯内湯です。
湯温も適温(40~41度)で、ゆったりと入れます。
萌木ドンブリ食堂では「萌木ドンブリ」というものを頂きました。
まぁ見たとおりで、山菜を卵でとじたドンブリものです。味は若干甘めでした。
立山高原ソフト体を冷やすためにアイスを食べました。
新潟と長野の県境で食べる、富山の「立山高原ソフト」。
ちなみにこの下の机が栃の木らしい。
栃の実館展望栃の実館の2階は展望ラウンジになってます。
会議室みたいな机と椅子もあります。
山彦の湯栃の実館前から、露天風呂「山彦の湯」は少し離れたところにあります。。
山彦の湯なだらかな登り道をしばらく歩くと、到着します。
山彦の湯全景「山彦の湯」全景です。
男性浴室は右側で、女性は左上になっています。
山彦の湯露天露天風呂の様子。
もう山しか見えないという感じの、素晴らしい景観です。
秋山郷の山々秋山郷の山々ですが、まだ紅葉にはちょっと早い時期でした。