2007年末の群馬

しなの鉄道明けましておめでとうございます。
旧年中は当Webをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

というわけで新潟とは関係ない「しなの鉄道」で始まりましたが、年末に廻った群馬の温泉のメモなど。

軽井沢駅まず草津温泉に向かったのですが、私の住む新潟県上越市から群馬県の草津温泉に向かうには、信越線で長野に向かい、そこからしなの鉄道か長野新幹線で軽井沢に向かいます。
草軽バスそして軽井沢から路線バス(今回は草軽交通)で草津温泉に向かうのが一番早いのです。

草津温泉 湯畑草津温泉といえば、この湯畑です。
何度も来ていますが、いつもモクモクと上がる湯けむりがたまらないです。

草津温泉 地蔵の湯ゆったりとしたいところですが、事情によりタイムリミットは7時間後なので、さくさくと共同浴場巡りです。
まずは2006年にリニューアルした地蔵の湯(地蔵源泉)。
最近湯温が温めだと聞いたので、あえてここからスタートしました。
確かに温めでした。
細かい白い湯花が浮遊していました。

草津温泉 地蔵の湯前旧・地蔵の湯の場所はちょっとした広場になってて、足湯なんかもあります(この日は休止中)。

草津温泉 つつじの湯続いて町はずれの「つつじの湯」(万代鉱源泉)。
こちらは2007年12月25日リニューアルした、最も新しい共同浴場です。
残念ながら鍵付きで、観光客の利用は10~15時となってしまいましたが、利用できるだけでもありがたいものです。
浴室は当然キレイで、以前同様広めで利用しやすかったです。
ただ、かなり熱く、さらっと数分しか入れませんでした。

草津温泉 凪の湯次は西の河原通りの脇にある「凪の湯」(西の河原源泉)。

草津温泉 凪の湯内ここは恐らく草津で一番狭い湯船じゃないかと思います。
そして熱いです。

草津温泉 煮川の湯次は「煮川の湯」(煮川源泉)。
見た目は、同じ源泉を使う「大滝の湯」の看板みたいになってますが、こちらは無料で利用できます。
この源泉は硫黄臭が濃いのが特徴です。
そして熱い、はずでしたが、この日はそれほど熱く感じませんでした。

草津温泉 白嶺の湯次は「白嶺の湯」(湯畑源泉)。
いつもここに行くとき道に迷うのですが、今回も普通に道に迷いました。

草津温泉 巽の湯次は「巽の湯」(湯畑源泉)。
ちょっとペースが速くて時間が空いてしまったので、ゆったり出来そうなココをチョイスしました。
人がいなくて、お湯も温めでした。
ちなみに温いといっても、どこも40℃以上はあります。

草津温泉 白旗の湯締めは湯畑のすぐ横にある「白旗の湯」(白旗源泉)。
最も賑わっている風呂で、この日も大混雑でしたが、無理矢理入浴しました。
お湯はやや白濁していて、とても良いお湯でした。

草津温泉 あげまんじゅう湯畑にある山びこ温泉まんじゅうの「あげまんじゅう」がかなりおいしいです。
写真も撮ったのですが(右上)、あまり美味しそうには見えないので(笑)、メインは湯滝前イタトマのコーヒーにしておきます。

渋川駅この日は宿が空いてた渋川で一泊することにしました。
JRバスで長野原草津口駅へ向かい、そこから吾妻線で渋川駅へ。
関越バス次の日は渋川市の伊香保温泉へ初めて行くことにしました。
渋川駅前から関越バスで20分ほど山の方へ向かうと、伊香保温泉です。
バスの本数も多めで、利用しやすいです。

伊香保温泉 石段街伊香保温泉といえば、石段街です。
山の中にある温泉街なので、坂や階段ばかりです。

伊香保温泉 露天風呂石段を登ると神社ですが、途中でそれて一番奥まで進むと、伊香保露天風呂があります。
湯船は20人ぐらいの人でいっぱいで、ノンビリ入るような雰囲気ではなかったです。
お湯はやや白濁した緑色で、鉄っぽい香りがして、味も甘くて鉄っぽいです。
新潟で言うと、苗場温泉をかなり薄めた感じかなぁという印象です。

伊香保温泉 源泉ここには源泉もあるのですが、ドーム状に覆われています。

伊香保温泉 石段街その後石段街を下りていきます。

伊香保温泉 石段の湯2007年締めの温泉は、石段の途中にある「石段の湯」となりました。
こちらは浴室にシャンプー類やドライヤーも揃っていて、普通の日帰り温泉として楽しめる場所でした。
食堂はないものの、軽く休憩できるスペースはあります。
伊香保露天風呂と同じ源泉のはずですが、なぜか鉄の香りではなく、ナトリウム系の潮の香りを微かに感じました。