かのせ温泉 赤湯 (新潟県阿賀町)

かのせ温泉赤湯は、阿賀町(旧鹿瀬町)の第3セクターの日帰り温泉です。
名前の通り赤い、と言うか赤茶色の温泉で、鉄分が豊富そうです。
浴室は内湯と露天があります。
最大の特徴はお湯の熱さです。
私が行ったのは休日だったためか結構人数がいたのですが、みんな左の浴槽に入っているので、私もそちらへ入ると、かなり熱くて驚きます。
しかし右はもっと熱くて、私は足を膝ぐらいまで入れて断念しました。

アクセスは磐越西線の津川駅から新潟交通観光バスの「津川駅~鹿瀬~角神旅行村~日出谷」線で「角神(つのがみ)旅行村」下車、徒歩5分です。
バスは逆ルートで日出谷駅からも乗車出来ます。
津川駅バス時刻表
実際にはバス本数が異常に少ないので、徒歩だと鹿瀬(かのせ)駅から40分ほどで行くことができます。

最寄駅 磐越西線 津川駅 (バス25分+徒歩5分)
住所 新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬11540−1
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
営業 10:00-20:00
料金 300円
Web http://www.okuaga.co.jp/akayu/index.shtml

磐越西線 鹿瀬駅鹿瀬駅にて、磐越西線です。

鹿瀬駅鹿瀬駅です。
駅員もいないし、バスもタクシーも無い駅ですが、何故かふとん屋があります。
エキナカのふとん屋は、全国でもココだけではないでしょうか。
通勤通学の途中にふとんを買いたくなったら、是非鹿瀬駅へ(笑)

かのせ温泉 赤湯鹿瀬駅から徒歩で行くと、途中このトンネルを通ります。
ちょっとコワイです。

かのせ温泉 赤湯トンネルを抜けると、阿賀野川沿いの遊歩道になっています。

かのせ温泉 赤湯阿賀野川沿いにダムがあります。

かのせ温泉 赤湯歩道から少し登ると国道へ合流し、赤湯方面への看板も出てきます。

角神旅行村 バス停最寄りの角神旅行村のバス停です。

かのせ温泉 赤湯かのせ温泉赤湯です。

かのせ温泉 赤湯休憩用の大広間はそれほど広くはないです。

かのせ温泉 赤湯浴室は左の浴槽にみんな浸かってます。
なんか、右の浴槽の存在意義は無いのではないかと思ってしまいますが。

かのせ温泉 赤湯2階に食堂があります。

かのせ温泉 赤湯1日30食限定の手打ち天ざるそばを食べましたが、かなり美味しかったです。

(2008年8月)