小砂温泉 美玉の湯 (栃木県那珂川町)

美玉の湯
小砂温泉 美玉の湯は栃木県那珂川町の馬頭温泉郷の最奥にあるホテル併設の日帰り温泉です。
ホテルの横にある小さな建物が日帰り専用になっています。
1階に受付と浴室、2階に広間がありますが、どれも広くはないです。
食事も出来ません。

浴室は内湯のみで、大浴槽と冷鉱泉の滝が流れる小さな浴槽があります。
大きなポイントは、天然ラドン温泉の効果を最大にするために、窓は締め切っており、浴室は蒸気で相当蒸し暑い状態になっていることです。
そしてお湯の温度もやや高めで、42度ほどありました。
壁に記されている入浴方法によると、熱い温泉と冷鉱泉の滝を交互に浴びると良いという事なので、しばらく試してみましたが、なんか心臓に悪そうな気がしました。
お湯はやや何らかの温泉臭がありますが、大きな特徴は目に見えない放射能ぐらいと言う感じでした。
料金1000円というのは施設の規模に比べれば高いかなぁと感じました。

アクセスは宇都宮線西那須野駅東口から東野バス「小川(三輪)」「馬頭車庫」行で「なかがわ水遊園」下車です。
バス所要時間34分+徒歩25分です。(運賃は200円)
なかがわ水遊園・交通アクセス

最寄駅 宇都宮線 西那須野駅 (バス34分+徒歩25分)
住所 栃木県那須郡那珂川町小砂3102
泉質 アルカリ性単純泉
営業 10:00-20:00
料金 1000円
Web http://www.mitamanoyu.com/
美玉の湯
美玉の湯です。
右の建物がホテルで、左側が日帰り温泉棟です。

美玉の湯
左側から見た画です。
手前が日帰り温泉の建物で、奥がホテルです。

美玉の湯
日帰り温泉の美玉の湯入口です。
あまり温泉っぽくない入口です。
おしゃれですが、なんとなく昔の病院風。

美玉の湯
浴室の様子です。
非常にむしむししています。
この左に冷鉱泉の滝があります。

美玉の湯
2階の廊下。
階段が普通の民家っぽい造りです。
(2012/05)