弘法不動の湯 (福島県鏡石町)

弘法不動の湯
弘法不動の湯は福島県鏡石町にある日帰り温泉です。
かつては「ホテルまるなか」という名前でしたが、経営者も替わり建て直して日帰り温泉になったようです。

お湯は黄色い透明で、飲むとやや卵っぽい味がするのだが、香りはほのかな鉱物臭がします。
肌に泡付きもあり、新鮮な源泉を堪能できます。
温度も39度ぐらいで、それほど熱くないのでじっくり入浴する事が出来ます。
日帰り温泉と言うよりは共同浴場の雰囲気があり、大声で会話する方もいました。
ロビーでは大皿でナポリタンを出して、知り合い同士で食べてました。
やたらに霊泉の効能の素晴らしさについての掲示がされているのがやや首をひねる感じですが、味があって面白いと思いました。

アクセスは東北本線の鏡石駅から徒歩10分です。

最寄駅 東北本線 鏡石駅 (徒歩10分)
住所 福島県岩瀬郡鏡石町字岡の内418
泉質 単純温泉
営業 9:00-20:00 第1・3木休
料金 入浴のみ500円
弘法不動の湯鏡石駅です。
大きめな建物がありますが商工会事務所と売店があって、駅自体は無人駅です。
弘法不動の湯東北本線です。
弘法不動の湯入口看板です。
遠くからだと「の」が見えません。
弘法不動の湯弘法不動の湯です。
ちょっとした公民館的な感じです。
弘法不動の湯入口脇に源泉が汲める場所があります。
弘法不動の湯ロビーや休憩所はやや狭い感じです。
畳の休憩所は別料金になってますが、あまり落ち着かないような場所です。