湯西川 水の郷観光センター (栃木県日光市)

湯西川水の郷観光センターは、日光市の湯西川温泉街の少し手前にある公営の日帰り温泉です。
まだ出来たばかりの施設で、綺麗で清潔な印象です。
建物が巨大ですが、土産物屋と食堂も同じ建物に入っています。

浴室は内湯と露天があり、内湯の湯船は四角くて10人ほど入れる大きさがあります。
手前に上がり湯があり、温泉はそこに注がれてから湯船に落とされるという仕組みになっています。
しかしこの上がり湯がかなり熱めで、実際に上がり湯には使えないような気がしました。
浴槽の温度も42度とやや高めです。

露天は岩造りで、こちらも10人ほど入れる浴槽があります。
浴槽がやや深めで、顎まで浸かってしまうぐらいです。
こちらの温度は38度ぐらいで、冬で風が吹く中ではやや低めに感じました。
隣に壺湯が一つあるので、入ってみようと思ったら相当小さくて、子供用のようでした。
お湯は無色透明でとても綺麗なお湯ですが、この先の本物の湯西川温泉のような硫黄臭は感じませんでした。

休憩用の大広間もありますが、食事ができないのが残念です。
食事は隣の食堂が利用できて、半券で再入浴も可能なようです。
土曜の朝に訪れましたが、お客さんが全然いないのが印象的でした。
そもそもさらに手前に湯の郷 湯西川観光センター という全く似通った施設があって、どちらも寂しいってのが凄いんですけど。
民間なら営業は無理でしょうね。。
しかし温泉街の方には日帰り専門は無いので、ある程度の需要はあるのかもしれません。

アクセスは野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅から、日光交通ダイヤルバス「湯西川温泉」行で「水の郷観光センター前」下車、徒歩すぐです。
雑誌やWebでは「川戸」下車となってるものばかりですが、バス停名が変わっています。
バスの所要時間は20分ほどです。
このバスは東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅が始発のバスもあるので、そちらからも乗車できます。
日光交通バス時刻表(湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会)
日光交通 (PDFですが路線図もあります)

最寄駅 野岩鉄道会津鬼怒川線 湯西川温泉駅 (バス20分+徒歩すぐ)
住所 日光市湯西川473-1
泉質 アルカリ性単純温泉
営業 9:00-21:00 水休
料金 500円 (市民300円)
Web http://yunishigawa-mizunosato.jp/

日光ダイヤルバス鬼怒川温泉駅前の、日光ダイヤルバス湯西川温泉行きです。
湯西川温泉駅こちらは湯西川温泉駅。
水の郷観光センター前 バス停最寄りの「水の郷観光センター前」バス停です。
湯西川 水の郷観光センター大きな建物の水の郷観光センターです。
湯西川 水の郷観光センター水の郷観光センター入口です。
右が温泉、左にみやげ屋と食堂があります。
湯西川 水の郷観光センター温泉の廊下の先に脱衣所入口があります。
湯西川 水の郷観光センター脱衣所の前には大広間があり、休憩できます。
湯西川 水の郷観光センター内湯です。
湯西川 水の郷観光センター露天風呂です。
川の流れがちょっと見えます。
湯西川 水の郷観光センター食堂で食べたざるそば(650円)
職人がそばを打つところを見ることが出来るようになってて、そばに力を入れてるようです。
やや固めの麺でしたが、美味しかったです。
湯西川 水の郷観光センター外には足湯もありました。
湯西川 水の郷観光センター吊り橋もあります。
なかなか素晴らしいとは思うのですが、観光スポットとしては微妙な感じしかしません。