行田・湯本天然温泉 茂美の湯 (埼玉県行田市)

茂美の湯

行田・湯本天然温泉 茂美の湯は埼玉県行田市にある日帰り温泉です。
以前は「湯本健康ランド」という名前でした。
ホテル併設で演劇もあり、名前が変わっても健康ランドの雰囲気のある施設です。
本館の横のホテルにある入口から入り、受付をして左奥へ進むと浴室です。
受付のあるホテル棟は冷房が効いているのですが、その奥は外気が入ってくる開放的な休憩所になっていて夏は暑いです。

浴室は内湯に10人サイズの大浴槽が1つとサウナです。
内湯は狭いなと思いますが、露天に出ると結構広くて安心します。
おなじみの炭酸泉や壺湯、その奥には岩が配された大浴槽「ひろの湯」があり、ひろの湯の端には洞窟風呂もあります。
ただ洞窟内はむしむししてて、お湯は木くずが舞っていて汚れた感じがするので、快適じゃないのですぐに退出してしまいました。
横の階段を登るとテレビ付きの浴槽や、一人用の浴槽、奥には屋根付きの香り風呂があります。
ひろの湯の前に大きな水車があるのですが、その横の滝と同様に稼働してなくて少し悲しくなります。
全般的に古さが目立つ施設ですが、それも味でしょう。
お湯は黄土色で多少の濁りがあり、湯花も舞っています。
敷地入口にある源泉からはアブラ臭を感じるのですが、風呂のお湯は全くの無臭だったのが意外でした。
ひろの湯と炭酸泉は循環ですが、それ以外は源泉掛け流しで使用されていました。

休憩所は脱衣所前の他、廊下を渡った本館2階に食事もできる大広間があります。
が、カラオケ大会になっていて、落ち着くことはできません。

アクセスは吹上駅東口から朝日自動車の路線バス「佐間経由行田折返し場」行で7分、「佐間団地」下車、徒歩12分です。
一つ先の「産業道路」下車でも行けますが、こちらの方が歩道が安全です。
朝日自動車バス時刻表
行田駅や行田市駅からも市内循環バスで行くことが出来ますが、本数がかなり少ないです。
観光拠点循環コースで「埼玉古墳公園前」下車、徒歩5分です。
行田市内循環バス

最寄駅 高崎線 吹上駅 (バス7分+徒歩12分)
住所 埼玉県行田市佐間-1456-1
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
営業 9:00-23:00
料金 平日750円 土日祝900円
Web http://www.yumoto-g.co.jp/siteFiles/mominoyu.html
吹上駅
吹上駅にて高崎線です。

吹上駅
吹上駅東口です。
大宮から8駅の所にある鴻巣市の駅です。
バスで行田市へ向かう場合は次の行田駅ではなくこちらの吹上駅が確実です。

朝日自動車
朝日自動車のバスに乗ります。

「佐間団地」バス停
最寄りの「佐間団地」バス停です。

茂美の湯
徒歩12分ほどで到着します。

茂美の湯
看板です。

茂美の湯
茂美の湯です。
右が本館で、正面のホテルの建物に温泉の入口があり、その裏手に浴室棟があります。

茂美の湯
入口の横で源泉がジャバジャバと出る仕掛けがあります。
この辺はアブラ臭が漂っており、非常にワクワクします。

茂美の湯
入口です。

茂美の湯
ホテル棟入口の様子。
のれん付きの妙な休憩場所があります。
スロットなどもあります。

茂美の湯
温泉棟へ向かうと開放的な休憩スペースです。

茂美の湯
本館へ向かう渡り廊下です。
1階は演劇になってます。

茂美の湯
2階の食事もできる休憩所です。

(2014/07)

高崎線の温泉めぐり (2014年8月)
高崎線で日帰り温泉巡りをしてきました。 高崎線は大宮駅(埼玉県さいたま市)から高崎駅(群馬県高崎市)へ向かう路線です。 実際は上野駅が起点で、湘南新宿ラインも乗り入れていて、便利な路線です。 まずは大宮駅から5駅目にある北本駅です。 ...