金太郎温泉 カルナの館 (富山県魚津市)

富山県の温泉

金太郎温泉 カルナの館
金太郎温泉 カルナの館は富山県魚津市にある日帰り温泉です。
金太郎温泉は旅館をメインとした温泉施設ですが、旅館とは別棟で日帰り温泉を運営しています。
源泉かけ流しの素晴らしい泉質と、巨石が散りばめられた浴室が特徴です。

アクセスは魚津駅と新魚津駅から、富山地方鉄道の路線バス「黒沢・大沢線」で12分「金太郎温泉前」下車徒歩5分です。
他に魚津駅と新魚津駅から魚津市民バスで「天神ルート」で25分「金太郎温泉前」下車徒歩1分です(日祝運休)。
どちらも運賃は200円、降りるバス停は名前は同じですが場所が違うので注意が必要です。

訪問:2022年5月
最寄駅 あいの風とやま鉄道 魚津駅 (バス12分+徒歩5分) / 富山地方鉄道本線 新魚津駅 (バス12分+徒歩5分)
住所 富山県魚津市天神野新6000
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
営業 8:30-23:30
料金 1680円(1日) 1050円(3時間)
Web https://www.kintarouonsen.co.jp/karuna/

魚津駅
魚津駅にてあいの風とやま鉄道です。

魚津駅
魚津駅です。
元はJRの北陸本線で、北陸新幹線開通後に3セクのあいの風とやま鉄道になりました。
出口は東側にしかありません。

魚津駅
駅前からアルプスが見えます。

新魚津駅
地下道を通ると海側に出れますが、その途中に富山地方鉄道の新魚津駅があります。

新魚津駅
新魚津駅にて富山地方鉄道です。
右に見えるのが魚津駅で、こんなに近いのに名前が違います。


駅前から富山地方鉄道の路線バスに乗ります。

金太郎温泉前
金太郎温泉前バス停で下車します。
この先の看板を右に曲がって坂を上ると温泉があります。
バスによっては坂の上の「金太郎温泉」バス停を経由するバスもあり、それとは別に旅館の前には魚津市民バスの「金太郎温泉前」のバス停もあり、わかりにくいです。

金太郎温泉 カルナの館
坂を上って金太郎温泉ですが、正面の大きな建物は旅館の「光風閣」です。

金太郎温泉 カルナの館
その左側に日帰り温泉のカルナの館があります。

金太郎温泉 カルナの館
館内フロントです。

金太郎温泉 カルナの館
その先を右に進むと浴室やゲームコーナーなどの施設があります。
2階にはリクライニングの休憩室もあります。
自販機は観光地価格でした。

金太郎温泉 カルナの館
食事もできる休憩所です。

金太郎温泉 カルナの館
食事メニューは麺類や定食など種類は多いけど普通すぎるラインナップでしたが、カツカレー美味しかったです。

金太郎温泉 カルナの館
浴室は内湯も露天もいかにも大型旅館という感じのスケールの大きな浴槽があります。
浴室に入るなり目の前の巨石に圧倒され、室内に漂うアブラ混じりの硫化水素の香りにうっとりします。
内湯は数十人サイズの大浴槽があり、浴室の半分ほどは巨石が敷き詰められています。
他に寝湯やジェットや歩行浴やサウナなどがあります。
露天も巨石まみれの大露天風呂があります。
温泉は全て源泉かけ流しで、アブラ混じりの硫化水素の香りがあり、やや白濁し、舐めるとすごくしょっぱいです。
白い湯花が大量に舞っていて、肌がツルスベします。
ただ塩分がすごいので、そのまま上がると肌がベトベトします。